Matsuri’s Blog

ベルリン滞在中

ブログの記事の中にはアフェリエイトプログラムを利用した広告も含まれますが
購入を促すために事実と異なる表記をすることはありません

ドイツのワーキングホリデービザの申請方法

 

Guten Abend!(こんばんは⭐️)

 

 

今日はワーホリでドイツに滞在するために必要なビザの申請方法について簡単に流れを書いていきたいと思います🖌️✨

 

まずはドイツ連邦共和国大使館・総領事館のホームページでワーキングホリデー・ビザのページを確認しましょう!

 

ワーキングホリデー・ビザ - ドイツ外務省

 

まず、申請資格があるか確認します!

 

・国籍が日本であること

・18歳以上で、申請時点で31歳の誕生日を迎えていないこと

・家族や兄弟、子どもが同行することはできません。

 

ドイツのワーキングホリデー・ビザは世界各国のドイツ大使館・総領事館で申請することができるのですが、ここでは日本で申請する場合について書きますね⭐️

 

まずは申請する書類を提出するために、大使館(もしくは総領事館)の予約を取らなければいけません。

大使館、総領事館のどちらに行くかは現在の住んでいる地域によって決められているので、自分が行かなければいけない方の予約を取りましょう!

 

愛知県、岐阜県富山県に住んでいる方と、それより西(沖縄方面)に住んでいる方は大阪の梅田にある総領事館で手続きをします。

 

それ以外の方(愛知県、岐阜県富山県よりも東、つまり北海道方面)に住んでいる方は東京の広尾にある大使館で手続きをします。

 

予約が空いていない場合はこまめに予約枠の更新をチェックして待つしかないのです…🥲

 

そしてこの予約は出国日の3ヶ月前からしか取れませんが、どんなに遅くても出国の2週間前までに行かなければなりません。

予約枠はいつもいっぱいなので、出国日が決まったらすぐにサイトにアクセスして空きを確認しましょう(空きを確認するのは3ヶ月前でも大丈夫です!)

予約枠はたったの6週間分程度しか公開されていなくて、後は更新されて空きが出るのを待つしかありません。

このシステムについては、ほぼ嫌がらせです。覚悟が必要です…。

 

こちらで詳しく予約の取り方について記載しています。

matsuri003momose.hatenablog.com

 

 

無事予約が取れたら提出する書類の準備をしていきましょう!

 

用意する書類は10点!

 

1、web版長期ビザ申請書

2、誓約書

3、パスポートを返してもらうための返信用封筒

4、ビザ用の証明写真

5、パスポートとパスポートのコピー

6、往復(もしくは往路のみ)の航空券の予約証明書

7、ドイツ滞在中の旅行者用医療保険と旅行賠償責任保険の証明書

8、生活費の支払い能力を証明できる通帳のコピー

9、志望動機書

10、履歴書

 

です!

 

 

と言われてもピンとこないものがあると思うので簡単に説明していきますね!

 

1、web版長期申請書

これはVIDEXと呼ばれるもので、オンラインで入力、作成したものを印刷します。

(記入方法は今度また詳しく書きますね⭐️)

 

2、誓約書

ビザの手続きをするにあたっての誓約書です。

こちらはwebで印刷し、手書きでサインをします。

 

3、返信用封筒

大使館(もしくは総領事館)でビザの申請をしたら、結果が返ってくるまでパスポートは預けた状態になります。つまり申請した日にパスポートは持って帰れないので、返してもらうための封筒です。

東京の大使館で手続きをされる方は520円のレターパックプラスを購入し、持っていきましょう

大阪の総領事館で手続きされる方は直接総領事館に取りに行くか、A4サイズの封筒を用意して送ってもらうか選べます。

郵送して欲しい方はA4サイズの封筒を持っていきましょう

 

4、ビザに使われる写真

駅やスーパーの近くにある証明写真機で撮ったものでも大丈夫ですが、写り方やサイズに細かい指定があるので気をつけてください!

(写り方についても後日詳しく書きますね)

 

5、パスポートとパスポートのコピー

日本が発行したパスポートの原本と、顔写真のページを開いたもののコピーを1部用意しましょう。

注意してほしいのはパスポートの有効期限です。

ビザの有効期限よりも3ヶ月以上、パスポートの有効期限が長くなければいけませんので注意してください。

 

6、往復(もしくは往路のみ)の航空券証明書

これはeチケット控えを印刷したもので大丈夫です。

帰国する日が明確に決まっている場合は往復のチケットを購入し、そのeチケット控えを印刷して持って行けばいいのですが

帰国日が明確に決まっていない場合はこの後説明する生活費の支払い能力を証明するために必要な金額が倍(4000€)になります。

 

7、ドイツ滞在中の旅行者用医療保険と旅行賠償責任保険の証明書

なんじゃそりゃ?と思うかも知れませんが、ワーホリでドイツに行く為には旅行者用の医療保険と賠償責任保険に加入しなければなりません。そしてその証明書を印刷して持っていく必要があります。

この保険にも色々条件があり、何でもいいわけではないので、また今度保険についても詳しく書きます。

 

8、生活費の支払い能力を証明できる通帳のコピー

申請の前日に記帳された通帳の過去3ヶ月のコピーと、名義人の名前が記載されたページのコピーを一部ずつ用意するのですが、この時、残高が2000€以上なくてはいけません。

6で説明した通り、帰国する航空券を買っていない場合は2倍の4000€の残高が必要です。

 

9、志望動機書

今までドイツに行ったことがあるか、ドイツに行って何をしたいか、日本に帰ったら何をする予定か等をWord等の文章ソフトを使い、ドイツ語か英語で作成し、印刷して持っていかなければいけません。

私はドイツ語は全く分からずで、英語の方がまだ少しマシだったので英語で作成しました。

形式や内容についてはまた詳しく書きますね!

 

10、履歴書

こちらもWord等の文章ソフトを使ってドイツ語か英語で作成し、印刷して持っていきます。

最終学歴や直近の仕事等についてですね。

こちらも私は英語で作成しました。形式や内容については後日詳しく書いていきたいと思います。

 

 

以上の10点を全て印刷して持っていきます!

 

個別の詳しい説明はまた少しずつ書いていくので是非読んでみてください!

 

 

それでは今日はこの辺で!

Tschüs!(さようなら〜)😉👋🏻